心のノート

天空のライブ

「天空のライブ」

 

蓼科の山奥でジャズを聴く機会がありました。「天空のライブ」はスキー場まであと少しのところにある1700m高地のペンションが会場。雲海の絶景を見ることができるほどの場所です。以前もここのライブでジャズシンガーが、空気が薄いので声が出なくて歌いにくいとおっしゃっていました。空気の薄さをそんな風に感じるのはさすがにプロと感心しつつ、そんな歌手の力量が試される場所でライブ?。

「天空のライブ」と聞くとどんなイメージが湧きますか。モダンで洗練された感じ?

実は、ミュージシャンの熱い演奏もさることながら、ここの居心地の良さは、大きな薪をストーブにくべ、揺らぐ炎の下、お客同士が持ってきた食べ物飲み物を回して、自然と持ち寄りパーティのようになるところにもあります。持ってきた食べ物飲み物自慢をきっかけに、見知らぬ人との距離を縮めていける一期一会が叶う場所です。食べ物やらを隣のテーブルに回しているうちに、しだいに安心感のある気持ちのよいファミリアーな雰囲気が漂ってきます。もし、何も持ってなくても隣の席から何かは回ってきますよ。今はコロナ対策で、間隔がとってありアクリルボードも置いてあり、人数も制限されていますが、その上でマスクしながら楽しく隣とおしゃべりが始まります。感染対策をしつつも楽しむ気持ちは変わりませんね。

ここで開かれるライブのジャンルはでジャズが多いものの、沖縄の音楽だったりアコーディオンだったり様々ですが、そんなの雰囲気が好きな常連さんが多いようです。その上、楽器を弾ける方が多く、時よりセッションが始まります。壁や天井にはミュージシャンのサインが所狭しと落書きのように書き込まれています。11月は、ニューヨークで長年活躍しているジャズギタリストとピアノの弾き語りの女性シンガーの二人のパフォーマンス。演奏や歌は、もちろん素晴らしいのですが、この天空のライブを特別なものにしているのは、それだけではありません。

 

 

それは、この場所に着くまでの行程にもあります。ドライブをして、徐々に都会の喧騒から離れ、八ヶ岳を望む蓼科高原に着くと、鹿やら狸の赤ちゃんの群れに出会ったり、ラファエロの天井画のような夕焼け、降るような星空を見たり

 

して徐々に気分が変わっていきます。会場に着く頃には、すっかり心が解きほぐされ、その上で行われるライブは観客との間で特別な感情が交錯して会場全体に特別の一体感が生れるようです。今回はコロナ禍でお客さんの前での演奏の機会を奪われたミュージシャンが、お客さんの前で演奏できる喜びのようなものが滲み出ていて、一層特別でした。

終了後、ミュージシャンも観客もそのペンションに宿泊することができます。ライブの後、時間を気にすることなくそのままゆっくりとミュージシャンと話をすることができます。そんなこともこの「天空のライブ」の根強い人気の秘密なのかもしれません。しばらく親しく話をして別れ際に弾き語りの女性シンガーの方から「あなたに会えてよかった。あなたに会うためにここに来た気がする。」とまで逆に言われました。普通は演奏してくれた人に会えて嬉しいのは観客の方ですが、シンガーの方から、そんなふうに観客の一人に心からのメッセージをくれるなんてびっくりするほど素敵ですよね。初めての経験でした。日頃、嫌なことは一杯あるはずなのにそんなことは、すべて忘れてしまいました。人間の心の動きは不思議です。心理の仕事をしていても不思議がってばかりです。

 

そんな場所を営んでらっしゃるのは、 お写真のお二人。最初のショットは、照れて距離を取っていらしたのですが、私からのリクエストに「僕ら仲良し夫婦です。」とおっしゃって、肩に手を回されてこのお写真となりました。 客席は30ほどですので、採算は取れているのやら?

この記事が少しでも貢献できると嬉しいなぁ。

 

天空のライブハウス

ペンションピラタス2

https://2.p-pilatus.jp/

生活情報サイト 楽活に掲載された私の記事を楽活の好意により転載しました

https://rakukatsu.jp/

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。