心のノート

メンターの勧め

「メンターの勧め」

 

あるダンサーの方から「メンターになってください」と頼まれました。メンターという言葉、ご存知でしたか。私は、企業カウンセラーもしており、そういうところでは、孤独になりがちなトップの方のお話を傾聴させていただき孤独を癒してもらうこともありました。それが、初対面の方と世間話をしているうちにリクエストされたので驚きました。もちろん、紹介をしてくださった方があったので、その方の配剤だったのかもしれません。

企業では、一般的にメンターは経験豊かな先輩のような存在のことを指します。

メンター制度が企業で注目されているその最大の理由は、導入することで、新入社員や若手社員が抱える不安を解消できるという点にあります。悩みや壁にぶつかった時、同じような壁をすでに乗り越えた経験を持つ人がそばで寄り添ってくれれば、どんなに心強いことでしょう。これが企業でのメンターです。同じ部署の先輩だと利害関係がありすぎて悩みの相談がしにくいので別の部署の経験者が選ばれる方法が多くとられているようです。

実はこの制度は厚生労働省でも普及を後押ししていてマニュアルができています。厚生労働省が2013年に発行した「メンター制度導入・ロールモデル普及マニュアル​​」では、メンターの役割として「キャリア形成上の課題解決を援助して個人の成長を支えるとともに、職場内での悩みや問題解決をサポートすること​​」と示しています。https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000106269.pdf

実際にはそのような制度がなくても思わず知らず人の相談にのったりして、メンターとしての役割を果たしている人もいます。その経験を踏んで、メンター自身も人として成長していくことができます。だから、遠慮しないで、思い切って相談してみてはどうでしょう。あなたの周りに真剣にあなたの話を聴いてくれそうな人生の先輩は、いませんか。

メンターと同じく人の相談にのって問題解決の手助けをするカウンセラーと言う人がいます。私も本職はカウンセラーです。

何がちがうのでしょうか。カウンセリングを必要としている人(クライエントと呼びます)は、普段は健康であったにもかかわらず、困難や危機や不安などに直面し、その解決のため態度変容・行動変容を試みようとしている人です。クライエントは困難な状況から抜け出したい、言うならばネガティブな状況を克服したい人が主になるでしょう。

一方、ポジティブに活動している人でも人生の重要な岐路に立って助言を求めたいと思ったり、さらなる自分の可能性を探る意味で話を聴いてほしいと思ったりすることがあります。そんな時に活躍するのがメンターです。メンターはメンティーの経験や考え、信条といったものを丁寧に聴いて、自分の歩んできた道筋を示すなどして目標達成や問題解決の行動をサポートしていくのです。欧米のトップマネジメント層では仕事とは切り離してこうした相談にのってくれる役割の人と契約を結び定期的に話をすることで自分に方向性を定めると言ったことがよく行われています。

 

メンターのプロセスには傾聴をはじめカウンセリングと共通のスキルがいくつもあります。しかし、メンターは人生の一つの道筋を示すロールモデルといった性格が大きい役割です。信頼できる相談相手、同僚・先輩・恩師といった言葉でメンターが語られることもあるでしょう。

 

さて今回、メンターを依頼してこられたのは私とは全く畑違いの職業の女性でした。お話を聴いてみると、その方は今、大きな悩みや解決すべき問題を抱えているというわけではないのですが、海外に源を発するダンスを好きになり、仕事にして、ここまでやってきて、これからの人生をどう歩んでいくかの確認をしたい感じでした。まだ、初回インタビューしかしていませんが、「もっともっと進んでいきたい」という、ほとばしるような言葉をこちらが目を輝かせて聴かせていただいていた感じです。言葉にされたことでご自身でも意識していなかった気持ちとか、物事の捉え方などに対する気づきがあったようでした。その中でも、これまでの時間の流れの中で、パートナーが要所要所でどれだけ力を与えてくれたのか実感できたことが、喜びにまで高まったようでした。

様々なエピソードを伺ううちに、その前後関係とか因果関係がメンティー自身の心の中で整理されていくようで、今の自分の立ち位置といったものが、より一層明確になられたようでした。こちらもそのお話に引き込まれていく感じがカウンセリングをしているときとは全く異なり、ほんの少しですが、その人の人生と並走するようなワクワクする感じがして、将来の躍進の予感もしました。

メンティーにも大変喜んでもらえたようです。これからがメンターとして本当にお役に立てるかどうかの力の見せ所です。

メンターに選んでいただいて光栄ですし、メンティーのこれからが私も楽しみです。

会社の制度の中ではなく、自由な枠の中で、こういう時間を持つことが大きな意味を持っていくことを願っています。

 

生活情報サイト 楽活に掲載された私の記事を楽活の好意により転載しました

https://rakukatsu.jp/

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。